FC2ブログ
わんこスター☆ ホーム »家庭菜園
カテゴリー「家庭菜園」の記事一覧

島オクラの苗、追加  

絶対育てようと思っていた野菜のひとつ、沖縄・島オクラを見つけたので買ってきました。
これは、いわゆる丸オクラで、一般的なオクラよりも五角形の角が丸まっています。
とても柔らかくて食べやすいです。
普通のオクラは10センチを超えると硬すぎて食べられなくなってしまうそうですが、これは平気で食べられます。確かに、売られているオクラはみんな10センチ以下ですね。
だから、うっかり収穫時期を見逃しても大丈夫。
去年は最大20センチくらいになったものを食べましたが、全然問題ありませんでした。
むしろ、見逃し続けて大きくなった方がお得という感じすらします。


今年は1ポットに5株入っているのを選んで、ふたつ買ってきました。
こんなふうに密度が高いと成長が緩やかになって、長期で収穫できるそうです。
全部うまく育てば、おすそわけ必須の量が採れるでしょう。


あと、ついでにピーマン2株目も。
本当はもう少し時期をずらして植えようかと思ったのですが、68円という数字についつい。


それとシソ。
なんだか今年はシソが高いらしいので、うまく収穫できれば、お得かも。
そういえばおかしな天候のせいで、既に野菜が不調だという報道がありました。

そして、来週末は農協の即売。
それまでに、プランターを空けられればいいんだけれど、植わってるコマツナやラディッシュがまだまだ小さいので、どうだろうか……。
ひとまず、今週の気温が勝負かなぁ。

category: 家庭菜園

tb: 0   cm: 0

春夏の苗、第1弾  

4/13のことですが相模大野のユニディに行ったら、春夏向けの苗が出ていました。
時期的にそろそろかなとは思ってたのですが、ただ特にこの一週間は、特別な寒の戻りがあって、気温が5℃近くまで下がったり、雨が続き、みぞれになった日もあったくらいで、暦上は春でも実際に春が来ているという実感はあまりありません。
おかげでというか、大きなプランターもまだそんなに空いてないし、若干、早いかなという気もしたのですが、まあいいや、少し買って帰りました。
さっそく、定植。でも、またザーザー雨が降ったので数日にかけて作業することになりました。





ピーマンとシシトウ。
マンション住まいだし、やっぱりメインは果菜類になります。
鉢はダイソーで買ったカラフルな8号。やはり、これくらいの大きさは欲しいです。
もっと小さくてもいけるはいけるんですが、収穫を期待する以上、妥協はしない方がよいのです。植物は土の量で育ち方が変わります。
風対策のラティスは必須です。



黄色のミニトマト。こちらは野菜用大きめのプランターで。
赤トマトは次のプランターが空いてから考えようと思います。
他にも、キュウリとかオクラとかいろいろやりたいので……。
この段階は、どれもかわいいです。

ちなみに。
再生野菜の方もすごいことになっています。

これ、コマツナです。
買ってきた根っこつきコマツナを、調理のときに、茎の成長点の部分を残すようにして切って、根っこの方を植えておいたものです。
去年の夏から秋に植えて、当初、葉っぱ数枚分は再生して食べられたのですが、その後、寒くなるにつれて成長が止まり、どうにも硬そうな葉っぱになってしまったので、そのまま放っておきました。
そうしたら、今年の3月……気づいたら、いつの間にか茎がぐんぐんと伸びていて、いつの間にか花が咲きました。
コマツナ、こんなになっちゃうんだなぁ……すごいや。
ここまできたら、種が取れるまで見届けようかなと。
まあ、種はまく場所がないので要らないのですが。
あと、種からは菜種油が取れるそうですが……うーん、そこまではなぁ。


あと、下仁田ネギ。
同じく根っこつきだったので植えました。
ネギとコマツナは再生野菜の定番です。
こちらも見事に再生して、とうとうネギボウズができました。
この先、どうなるか見たいなとも思ったのですが、もし種が取れてもやはりまく場所がないし、こっちは今なら食べられるので、思い切ってばっさり収穫しました。
ネギボウズ、初めて食べたけど、普通に"ネギの延長"として食べることができました。
実際、特別おいしいっていうわけでもないし、さっさと収穫しちゃった方がいいに決まってます。
で、また根っこと、茎を少し残して切ったのですが、ネギはネギボウズができると成長が止まるそうなので、もう再生しないかもしれない……様子を見ます。

category: 家庭菜園

tb: 0   cm: 0

コマツナがボロボロに!  

やられた……。



コマツナの葉っぱがスジだらけになっていました。



葉っぱは散らばっていました。



囲いの端から、狙いおったのだな……。



コマツナにいったい何が起きたのか?
犯人は↓コイツ。



物干し竿に止まった、たぶん、ヒヨドリ。
よくフンが落ちてるなぁとは思ってたんです。こんなに堂々と……。
こいつらはピギョギョーと派手に鳴いたり、バサバサと羽の音も、飛んでくるときの影も大きめなので、割と気がつきやすいです。
よくペアで現れて、バルコニーをピョンピョン飛び跳ねていますが、このときは一羽だけでした。

野鳥が来る環境なのはとてもうれしいんですけど、できれば荒らさないでほしいのです。
広い畑があれば少しくらい分けてあげてもいいかって気にはなりますが、残念、これは僕たち人間優先の取り分でお願いしたい。
この前、ブロッコリーも葉っぱをやられたし、夏場はブルーベリーの実を盗られました。
彼らも必死なんでしょうけれどね……特に冬場は。
だから、たまにリンゴの芯を外に出したりするんですが、そういうときに限って、来てくれない……そんなすれ違いの、僕と鳥たち。

category: 家庭菜園

tb: --   cm: 0

強風対策、100均グッズで風よけを作成  

家庭菜園をしています。
ただ、マンションの4階に住んでいるので、ベランダとバルコニーを使うしかなく、鉢とコンテナを使っています。
で、高層マンションの宿命、強風。今年は豪雨と台風もすごかったのですが。
対策として100均グッズで風よけを作成しているのですが、追加作成することにしたので、ついでに工程を説明。

材料:一番大きなワイヤーネット×5枚、透明のビニールシート、結束バンド(一番小さいサイズで十分)、透明のビニールテープか養生テープ(耐水性のあるもの)。

テープは家にあったものを使いました。
ワイヤーネットは複数の店を回り、一番大きなサイズ61×29センチを購入。『レモン』という店です。
他は『ダイソー』にて入手。


作り方は簡単。こう組み立てるだけです。
もちろん、結束バンドをたくさんつけるほど安定します。
あと、ワイヤーネットのサイズによっては、4枚で十分な場合・4枚しかつけられない場合もあります。
マス目を数えるのがわかりやすいので、どういう完成形になりそうか、購入時に確認するとよいです。


その後、ワイヤーネットの周りにビニールを貼ります。外側だけでOK。
前面は、ヴェールのように垂れるよう貼りつけて完成。
あまり神経質になる必要はありません。
半年もすれば風雨にさらされてビニールはボロボロになってしまいます。
たぶん、結束バンドも数年したら紫外線で崩れやすくなるんだろうなぁ。


同様に、小さなラティスも作ってみます。材料は同じ。
今度は横一列につなぎます。
今回は5枚で作りますが、いちおう3枚以上なら平気です。
枚数が多いほど、自立させたときに倒れにくくなります。


可変構造にして、不要なときには折りたためるようにします。
結束バンドは緩くなく、きつくなくという微妙な感じにします。


ビニールを全体に貼って完成。
これもあまりピンと張らず、少し『遊び』を用意するのがコツです。


バルコニーに配置。
普段は手前のビニールは上げておき、雨が降ったらビニールを垂らしてせんたくばさみで止めます。
ちなみにこのあたりはネギエリア。


フラワースタンドもOK。このサイズだと上段に背の高いものを置けないので、必要に応じてブロックとかを足として用意した方がいいかも。
これが温室になるといいんですけどねー。ま、さすがに無理。


ラティスで北風の防止。ぐるりと囲います。
ひもで固定したい場合は、ビニールに穴を空けて縛ります。


雪対策のためには天井を工夫しないといけませんが、ひとまず横から吹き抜ける風さえガードできればOKということで。
これで株を弱らせずにすみそうです。

category: 家庭菜園

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop