FC2ブログ
わんこスター☆ ホーム »健康
カテゴリー「健康」の記事一覧

リハビリその2。【退院後】  

退院後のリハビリの話。
病院での続きをシミュレーションし、とにかく普通に歩くことを日課としました。
退院から3日くらいは慣らし運転といいますか様子見をしました。
病院内と違って気温が圧倒的に低いので、どれだけ動けば安全で、効果が出るのかわからず、手探りで始めました。
まずはマンションの廊下をぐるぐると歩きます。

調子がわかってきた数日後、マンションの外にも出てみます。
目的地はないですが、とりあえず駅に向かってずっと歩きます。
その後、数週間ほどで3分くらい連続で歩けるようになりました。
また、歩く速さは倒れる前(おそらく年齢の平均から少し速い)とほぼ同じくらいです。

階段にも挑戦しました。
ひとまずマンション内の階段を1階分降ります。
これは問題ありません。
ただ、上りは足が重たくて持ち上げるのが大変でした。それでも、なんとか上がれました。
そして、どれくらい連続で上れるか試してみました。
1階から上がってみたところ
1階~2階は、あまり頑張らずともいけます。
続けて(休まずに)3階まで上がると、途中で足がしびれて重たくなり始めたものの、なんとかいけました。
続けて4階まで上がろうとすると、3.5階に到達するあたりでまともに足が上がらなくなりました。
4階に辿り着いたときは、完全に息が上がって、まったく動けなくなりました。
息を整えて普通に歩けるように回復するまで5分以上かかったほどの、予想外の疲労。
前の記事にも書きましたが階段を降りるときはお尻の筋肉を使い、上がるときはももの前の筋肉を使います。
後にわかりますが、坂道を上ったときも雪道を歩いたときも、疲れる部位は同じでした。
普段意識してませんが、これらはみんな「足を持ち上げる」という歩き方だったのですね。
そして、それが実はとても酸素を使っているのだということです。
結果的に、この時点では階段はせいぜい2階分を上がるのが限界だということがわかりました。

それと、しばらくは重たいものを持ってはいけません。
というのは、手術の際に胸骨を切断しているためです。
骨がしっかりつながるまでは、胸を開くような運動もしてはいけないと。
結局、10キロの荷物を片手で(安心して)持ち上げることができるようになるまで数ヵ月、持ち運びができるようになるまで半年くらいかかりました。
くわえて、物を持ち運ぶというこの行為も、筋肉に負担がかかって酸素をかなり消費する運動だったりします。

血流の悪さの影響は上半身にも現れることがありました。
数分歩いて数分休んでを繰り返しながら20分ほど歩いていたら、急に肩がこり始めました。肩、首のあたりがすーっと冷たくなって重たくなる感じです。
おや?と思って足を止めて休むと数分で治りました。
そもそも肩こりは血流の悪さで発生するものですけれど、ほんの数分で急速に発生して急速に治るというのは初めての経験でした。

その後、徐々に歩ける距離はしだいに増えていきます。
数週間から1ヵ月後には連続5~8分で100~200メートルくらい歩けるようになりました。
3ヵ月後は連続8~10分で300~400メートルくらい。
半年ほどで連続15分くらい、距離は1キロ弱とかでしょうか。
このときまでには階段も3階までは普通に上がれるようになりました。
1年程度で20分以上は大丈夫だったはず。
階段も息は切れがちになるものの、なんとか4階まで休まず上れるようになりました。

自転車にも挑戦しました。それが境川を下るレポートの件です。
自転車はどちらかというと全身運動に近く、階段を上るときと同じように下半身に血液を必要とする運動です。
最初の目標は10キロ走ろうと思って、休憩をはさみながらゆっくりペダルをこぎました。
結局、1時間で片道10キロ、往復20キロを2時間ほどで戻ってきました。
その日はすごく疲れましたが、でも意外といけそうだということがわかったので、その次は、2ヵ月後、片道20キロに挑戦。
さらに2ヵ月後、ブログには書いていませんが片道30キロもいきました。
要は江ノ島まで行ったんですね。
往復6時間以上かかりました。
というか、帰りは道に迷ったので+5キロになりましたが。
自転車で江ノ島まで。
これはそれなりのイベントだと思うんですけどね。ブログに書いてないですけどね!!

そして手術から2年後。
平地なら連続で30分以上は歩けるようになりました。耐久はしたことがないですが、走ったり荷物を持っていなければ1時間程度なら歩けると思います。
階段は5階くらいまでは普通に、それ以上は休みながらで8~9階は上れるようになりました。
やっと、普通の生活ができるようになったかな、と自信が持てました。
ただ、走るのは完全にダメ。
ジョギングは2分でギブアップ、あるいは1分もたないです。
ダッシュに近くなると、絶対にできないというわけではないけど、翌日にとんでもない筋肉痛になります。
それぞれスピードとコンディションによるかとは思います。
ただ、無理してるかどうかがよくわからないので、危険なのは間違いないです。

ということで、これにて明示的なリハビリの記録は終了。
運よくなんとかなりました。
少しずつでも動けるようになっていくとほっとしますが、気長に焦らずにやるしかありませんでした。
ちなみに、この回復のペースが早いのかどうかはわかりませんが、上りの移動で間欠跛行になることについては確実に回復が遅いと感じたので、それを主治医に伝えたところ
「いや、私も階段上ったら息が上がりますから」
とおっしゃっていたので
(そうか、あまり深く悩むと損かもしれない)
と気が楽になりました。
ただ、
(いやいやいや、それは事情が違うんじゃね? 話そらしてるでしょ?)
とも思いましたけどね。
まあ、結果論です。

ところで、間欠跛行や息切れについては、心臓の機能低下以外にも要因がありそうなことが発覚したので、それはまた別の機会に。

category: 健康

tb: 0   cm: 0

リハビリその1。【入院中】  

かなり手こずったリハビリテーションについて、記しておこうと思います。
こんなケースの患者がいました、というお話です。
まずは入院中の話。

12月6日。
そもそも最初のリハビリは手術後4日目。ICUから出て個室に移った次の日からさっそくスタートしました。
まだひとりで起き上がれないどころか寝返りすら打てない状態でした。
ただ、上体を起こしてもらえさえすれば、ベッドから足を下ろすことができ、その後は10分ほどかければ立ち上がって、歩いて個室内のトイレに行くくらいは可能になっていました。
立てるまでに時間がかかるのは、身体を起こしたり足を下ろすことで心臓から上に血が回りづらくなって、頭がふらっとするからです。それが落ち着いて、もうふらっとしなさそうだ、と確信を持てるまで10分といった感じでした。
担当の理学療法士さんが来て、1日30分程度のリハビリを行なうことになりました。
最初にバイタルサインチェックで血圧を測定。上が140以下ならリハビリ開始、それより高ければ中止という目安の指示があったそうです。最初はぎりぎり可能でした。
リハビリの第一段階は寝転がったままで足の運動。簡単なマッサージから始まって、膝を曲げたり、足を上下に上げたりと、とても簡単な動作でした。
ですが、そんな些細な動作をしているだけでも、すぐに脈拍数が上がって息切れがひどくなりました。
こんなに体力が落ちていたのかと自分でも驚きました。
後日、この手術の影響がどれだけ大きいか実感することになるのです。

12月11日。
部屋から出て棟内を歩くようになりました。
ストレッチを念入りに行ない、最初はナースステーションまでゆっくりと移動。普通なら5秒歩けば辿り着くような距離です。もちろん無理をしないように何倍も時間をかけて歩きましたが、それでも途中で息切れが激しくなってしまい、辿り着けませんでした。
半分ほど歩いたところで足を止めて息を整え、その日はそのまま病室に戻りました。
本調子にはほど遠い状態でした。

12月13日。
リハビリをすると息切れがとても激しくなり、なかなか回復している感じはしませんでした。
それと上体を起こすたび、軽く目がくらみます。ただ、実は極度の貧血状態だったため……なのです。貧血でなければ、もう少しましだったのかもしれません。
この後、入院中に2回輸血をすることになり、身体は楽に動かせるようになっていきます。

12月15日。
少しずつ歩ける距離が伸びてナースステーションまでは行って戻れるようになりました。

12月20日。
歩く距離を増やしてフロア内の廊下を1周することに挑戦。
なんとか歩けましたが、それでも余裕という感じではありません。ただ、歩くと腿の裏側(ハムストリング)が激しく疲れます。
日によって少しずつ疲労の場所と度合いが違っていたので、特別にどこかの部位が傷んでいるというふうではなさそうでした。

12月30日。
棟内2週に挑戦。距離が伸びている分、歩くペースを少し下げます。
歩けはしましたが、特に左足のハムストリングの疲れが著しく、ふくらはぎにもつらさが出ていました。
また、このあたりからリハビリの時間でなくても、自主的に棟内を歩くようにしました。

年が明けて
1月4日。
左足の疲労が激しいけれど、なんとか3週目は歩けそうかなという感じがしました。
ただ医師サイドとしては、歩くと血圧が上がることと、酸素濃度が下がることがまず問題らしいです。
ちなみに、酸素濃度の数値はは歩く前が98、歩いた後は86まで下がっていました。
あと、貧血がまた進んでいたので、その影響もあったのかも。

1月8日。
棟内3週に挑戦。
なんとか歩けはしたものの左足の疲労が激しく、2週目あたりからは微妙に足を引きずるように歩いているらしいです。

1月11日。
自主リハビリで、棟内3週を1時間おきくらいで午前中に2セット。
1回目は足のつけ根部分が少し痛みました。
歩いた直後の血圧は、上が133、下が79、脈拍数が105。
2回目は足の疲労はそこそこ。
直後の血圧は上145、下82、脈拍103。1分休んだ後が上129、下78、脈拍102。
安定していたりいなかったり、かなりムラがあります。
そして、午後は正式なリハビリ1セットと、自主で3セット。時間をおけばそれなりに歩けるのですが。

1月14日。
足の疲れがももの裏ではなく表側に強く出てきました。
なぜ疲れる場所が変わるか……よくわかりません。

1月16日。
追い出されるようにして退院。前日15日の午後、あっという間に決まりました。
結局、リハビリプログラムはクリアできませんでした。
この後、階段の上り下りもあったのですが、それは退院後、自力で挑戦ということに。

久しぶりに外に出ます。
病院から家まではもともと歩いて20分ほどの距離なので、タクシーは使わず、歩いて帰るつもりでした。
これまでのリハビリの実績からして、連続5分歩くことができないのはわかってるので、途中休みつつ1時間ほどかければ帰れるだろうと。
100均で買ってきてもらった杖をつき、またソフトキャリーバッグを引きながら、3分歩いては立ち止まって1分以上休んでまた歩くという繰り返し。
結局40分ほどで自宅に到着。
割と早かったかも。キャリーバッグがなければもっと楽でした。
1月半ば、とても空気が冷たく、立ち止まっていたときの方がつらく感じるような時期でした。

と、おおざっぱですが、退院まではこんな感じで回復していきました。
そこそこ歩けるようにはなったものの、課題はたくさんあり、意志のみで解決できる事柄でもなく、まだ前途多難というべき状態でした。
退院後についてはまた次の機会に。

category: 健康

tb: 0   cm: 0

久々の更新  

去年、閲覧してくれた方の中で、僕と同じく間欠跛行で苦しんでいる方がいらっしゃって質問を受けました。
手術で血管を人工血管に交換した後、歩くとすぐに激しい息切れを起こすようになってしまったらしく、リハビリについて何科に相談したらいいのかわかったら教えてほしいという内容でした。
確かに、あまり細かく記載してませんが、記事を追っていくと間欠跛行で苦しんでいる時期があったものの順調に回復しているようだと見えるでしょうし……実際、回復していますから、これは実績があるということです。
もちろん僕は医学に関しては素人ですが、こういう歩けないとか息が続かないなどの肉体的な苦悩については、当人または経験者でないと理解できないことですし、簡単に経験則に基づいた覚え書きを送っておきました。
これからお医者様方と相談してリハビリのプログラムを組むことななるかと思いますけれども……早く回復するとよいですね。

ブログを始めたときの意図として、特に心臓血管系では誰かしら情報を必要としているの約に立てればいいなと思ったことがあります。だって、こんな解離だの間欠跛行だのって情報をネットで発信してる患者なんてそうはいないでしょうし。
だから、今回は、こんなよくわからんブログでも世の中の役に立つ可能性がある……やはり情報が共有化される意味はあったんだな、などと感服しました。
ということで、やはり少しずつでもいいから記事は増やしていこうかなと思いました。
ただまあ、芸能人とかならスマホから適当に更新するだけでファンサービスになるので問題はないんでしょうが、クリーエーターである以上、やるならきちんとしたコンテンツとして発信したいと思うわけで……それゆえデジカメの写真を取り込んでトリミングやリサイズして……みたいなことをしてるので更新に時間がかかるから、さぼることになるわけですが……。
もっとも、医療系記事に関してはフォトは、ふぉとんどないんですけどね。

ところで、その間欠跛行関連の覚え書きについては、ここしばらくでの回復状態にも言及しなければならないことなので、別記事にて詳細を記していこうかなと思います。

category: 健康

tb: 0   cm: 0

ダイエットとか?  

TBSの『所さんのニッポンの出番』で、日本人と外国人のダイエットの捉え方の違いが取り上げられていました。
「日本人はダイエットが好きだ、女性はやせているのにさらにやせたがり、自分の体重やサイズなどを数値で把握している(=外国人はいっさい気にしない傾向がある)」……というふうなレポートでした。ふむ。
それと、「日本人は高度経済成を経験したから、数字の管理・ノルマ達成がよいことにつなげて考える習性が染みついた、=数字信仰である」といった分析もありました。
なるほど、そう言われたら、そういう一面もあるだろうなと思わなくもないです。
でも、それはそれとして、体重の管理は健康の管理の一プロセスとしてきちんと意義があるのですが、そこは言及されずに終わっちゃいました。
なんじゃそりゃ、片手落ちだなと。
つまり、逆に「数字を見ない=自分の体重を把握していない」ことは不健康の証明を意味するので、今回の放送内容は、「日本人も外国人も、正しく健康管理ができていないですけど?」という話になっていたのです。
……本当は製作側もそういう意図で作成したわけじゃないんだろうけどなぁ。
とはいえ、製作側だけでなく、気づいてない視聴者も多いんじゃないかな……と推察します。
だってね、ダイエット? 失敗してる人たくさんいるんでしょ?
ってことは、気づいてないってことです。
僕、知ってるもん。

ちなみに、女性に限らない例として、僕も日々ダイエットをしてます。
僕も太りやすい体質、というか甘いものが好きで糖質をたくさん取る生活習慣をしがちなので、油断すると体重が増える人なのです。
25歳前後のとき、四群点数法ダイエットをしたことがあるんですが、1ヵ月半で確か10キロ以上やせた記憶があります。
この前の入院のときも病院側に管理され、やはり同じ期間で同じくらい減りました。……ぶくぶくしてたんですな。
どちらも栄養のバランスはよかったため、特につらさは感じずやせました。
いや、入院中は身体の不調でつらいときはありましたけどね……。

ということで、こんなのwebでも説明してる所は山ほどあるので書くまでもないですが、いちおう備忘録として。
計算サイトがありますね……便利だな。

----------
1.当たり前の話
摂取カロリー>消費カロリー 太る
摂取カロリー<消費カロリー やせる
摂取カロリー=消費カロリー 現状維持

単に体重が減っても、健康的にやせたとは限らない。
体脂肪が減って、結果的に体重が減るのが理想。

2.標準体重を計算し、当面の目標にする。
標準体重=身長×身長×22

【BMIと適性体重】
http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228732
このサイトだと入力後に表示される『適正体重』が『標準体重』のことです。以後の計算で『体重』は『現在の体重』ではなくこの数値をを使います。

3.基礎代謝量を計算する。
基礎代謝量=基礎代謝基準値×標準体重
(40代男性の基礎代謝基準値は22.3。数値はこの式が載っていた本の一覧表で確認しました)
大本は、ハリス・ベネディクト方程式というものらしい。
●ハリス・ベネディクト方程式
男性:13.397×標準体重(kg)+4.799×身長(cm)-5.677×年齢+ 88.362
女性: 9.247×標準体重(kg)+3.098×身長(cm)-4.33 ×年齢+447.593

【基礎代謝量】
http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228736

4.1日のエネルギー必要量を計算する。
1日のエネルギー必要量=基礎代謝量×身体活動レベル

【エネルギー必要量】
http://keisan.casio.jp/exec/system/1183427246

5.実際の摂取カロリーと栄養素のバランスを考えて実食。
五大栄養素を適量摂れるように考え、様子を見ながらずっと続けます。
「●●抜き」「●●だけ」のような偏った食べ方はNG。やせると同時に弱ります。
----------

簡単に言うとこれだけ。基本中の基本にして、このプロセスがすべてです。
知ってるのと知らないのとじゃ雲泥の差です。
あくまで目安ですが、僕は「体重は60キロぐらいがよさそう」という計算になりました。
そして1日1500~1700kcalくらいで過ごすと、つらさを感じずにやせられることがわかってます。
でも、いつも62キロ以下にはならないので、体格からしてこのあたりが限界?なのかな……という気がします。
上記の計算では体格とか筋肉量とかは考慮されてませんので。
今は64キロ……ちょいと増えてるかな……特別重くはないけど、もう少ししぼれそう。

category: 健康

tb: --   cm: 0

大動脈解離 その3。後遺症  

年齢が若いこともあって回復はそこそこ早かった方だと思いますが、いろいろ後遺症は残っています。
まず、とにかく血流の悪さによる問題。
瞬発力はあるけど持久力がない……。
弱っているので鍛えなければいけないのですが、筋肉増強と違って「痛めつければ強くなる」という性質のものではないため、気長に心肺機能が上がるのを待つしかありません。

一番、つらかったのは歩けなかったこと。これはかなり長引きました。
入院中、リハビリをしましたが、退院するまでの1ヵ月半までに、連続3分間、距離にして50メートル歩くのが精一杯でした。
まず最初はよいのです。歩き始めることはできます。
ですが、しばらくすると、足がしびれて動かせなくなります。
ただ、その症状は一時的なもので、立ち止まって数分休むとまた歩けるようになります。
これは間欠跛行《かんけつはこう》といって、足への酸素供給が追いつかなくなるため発生する症状で、スポーツなどで疲労して足が思うように動かなくなるのと同じ状況です。
僕の場合は鼠蹊部《そけい部》(足のつけ根付近、大動脈が足に向かって2本に別れてすぐの部位)あたりが真っ先にしびれます。
関節や筋肉に負担がかかって痛むというわけではないので、特別に座って休む必要などはなく、その場で立ち止まり、ただ息を整えるだけで自然に治まります。

それと上りの階段や上り坂もつらかったです。
結局、入院中は階段昇降のプログラムまで到達できなかったので、退院後にチャレンジすることになったのですが。
階段は1階上がる程度はなんとかなりました。
ですが、続けて2階上がると足がふらつき、3階上がると、全力疾走後の「肩で息をする」ような状態になりました。
降りるのは平気でした。使う酸素の量が違うのでしょう。

そんな状態でしたから、その先どれだけ回復するかわからず、とても不安でしたが、その後、時間と共に緩やかにですが10分、20分と歩けるようになっていき、ほっとしました。
今なら1時間くらいは連続で歩けるかもしれません。チャレンジはしてないですけど。
ちなみに、こんなふうに動けなくなって初めてわかりましたが、「足を上げる動作」はとても酸素を消費するのです。
また「上り」と「下り」の動作では使う筋肉の部位が違うことや、後に自転車に乗れるようにもなりましたが、これが思っていた以上に身体に負担がかかる運動だったこととか。
普段、なかなか意識することはありませんよね……。

それと、血流不良の定番、冬場での『冷え』にも悩んでます。
特に心臓から遠い場所、両足の先と右手の先がやたらと冷たくてつらい……。
冷えのメカニズムを知れば自然に対策は思いつくものの、なかなか思うように改善はされないです。
自律神経が弱っているという一面もあるんでしょうけれど……。

あと、胸の中央に大きく残った手術の跡は、縫合部分がケロイド状になっています。
服とこすれるだけでも痛いので、あまり激しく動きたくありません。
いちおう普通の暮らしに近づいてはいますが、もう少し、気楽に過ごせるようになりたいですね。

category: 健康

tb: --   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop